LOG IN

ブランドのウェブサイトをAI機能で簡単作成【文化服装学院オンライン授業レポート】

by KDDI ウェブコミュニケーションズ 広報ブログ

コロナ禍により、次々とイベントが中止になっている2020年。

例年、文化祭の中で「RE・TENT」というリアルショップの形態で、学生たちが企画・生産した商品を販売している文化服装学院。今年は11月に開催予定だった文化祭の中止が決まり、オンラインに特化して活動することになりました。

今回、運営者情報、ブランドストーリー、オンラインショップなど、ブランドに関する情報をまとめた公式サイトを、KWCで提供する「ジンドゥー」のAIビルダーを使って発信することになり、去る8月5日、KWC広報室 室長の神森が、「ウェブサイトの作成」についてのオンライン授業を行いました。

今回授業を受けたのは、ファッション流通科2年 リテールプランニングコースの学生さん40名。

リテールプランニングコースでは学生自身がショップ企画を行い、商品企画、品揃え、店舗内装、接客販売まで実践しながら学んでいます。

当初、講師である神森も学校へ訪問する予定でしたが、コロナ禍の状況からオンラインとオフライン(デバイスやネット環境が揃っていない方)を併用した授業となりました。

今回、学生さん向けに行われた授業の様子を少し、ご紹介します。

ウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディアの違いと特徴

ウェブサイト、ブログ、ソーシャルメディア。今やどれも、ブランドや企業のPRツールとしては切っても切り離せないものです。今回の講義でも、どれか1つを使えばいいわけではなく、それぞれの課題やメリットを理解し、それぞれの特性を最大限に活かしてチャネルを増やす必要があると伝えていました。

ウェブサイトを作るために必要な知識は?

では、ウェブサイトを作るには、どのような知識が必要でしょうか?

通常だと、以下ような専門的な知識が必要になってきます。神森自身も過去に、仕事でウェブサイトを制作していたので、これらの知識を持ち合わせています。

しかし、皆さんがこれら全てのスキルを身につけるにはかなりの時間が必要ですよね。

ジンドゥーのAIビルダーであれば、必要最小限の知識でウェブサイトを作成することができるんです。

ジンドゥー AIビルダーでウェブサイトを作るのに必要な知識

このようにジンドゥー AIビルダーは、HTMLやCSSなどの知識が必要なく、PCはもちろん、スマートフォンからの作成も可能です。

ウェブサイトの事前準備をしよう

いくら最小限の知識で作成できるジンドゥーのAIビルダーでも、「どんな情報を入れよう」「どんなものを作ろう」がイメージが出来ていないと、そこで手が止まってしまいます。そのため、ウェブサイトを作る事前準備として、以下を用意しておきましょう。

・どんなサイトなのかをイメージしておく

・サイトの名称を考えておくと、登録の時に困らない

・サイトで使いたい画像をあらかじめ用意しておくと困らない

・動画を掲載したい場合は、YouTubeかVimeoへアップロードしておく(ジンドゥーに掲載する場合)

・テキストは制作しながら打ち込めるが、あらかじめメモアプリなどで作っておくと、コピー&ペーストでできるのでラク

もうひとつ忘れてはいけないのは、6W1H(When、Where、Who、Whom、What、Why、How)。情報を誰かに届ける時に必要な6つのWと1つのHです(6W3Hもあります)。なぜホームページを作るのか?誰に向けて発信したいのか?を意識して作ることが大切です。

そして、ウェブサイトを作る際に絶対にやってはいけないこと!

・ネットで拾った画像を使ってはいけない

・もちろん、拾った動画も使っちゃだめ

・他のサイトやブログの文章をつかうこともいけない

どれだけ魅力的なウェブサイトでも、他の人の権利を侵してまでサイトを作ることはしてはいけません。

自分で撮影したものや使用可能な素材を使いましょう。

ジンドゥー AIビルダーの作り方

ジンドゥー AIビルダーは、作成の手順もとても簡単!

いくつかの質問に答えて好みのデザインを選び、細かい情報の追加・変更と、数ステップと少しの作業でウェブサイトを作ることができます。また、PC用とスマホ用、両方のサイトを同時に作れるのも嬉しいポイントです。

1.アカウントを登録

インターネットブラウザを立ち上げて、ジンドゥーのサイト(https://www.jimdo.com/jp/)から「登録する」でメールアドレスとパスワードでアカウントを作成します。登録したメールアドレスに届いたメール内の「確定する」ボタンで登録完了です。

2.いくつかの質問の答える

どんなホームページを作成しますか?では「ホームページ」を選び、サービス選択の画面で、左側の「専門知識は不要で最も簡単にホームページを作成」を選び、「作成をはじめる」をクリック。

その後、ホームページの目的など、いくつかの質問に答えていきます。イメージが固まってない人はスキップしても構いません。

3.好みのデザインを選ぶ

好みのスタイルや色の組み合わせなどのデザインを選んでいきましょう。ページ内容やデザイン、カラーなどは後で変更することも可能です。

 4.細かい情報を追加・変更

ベースのウェブサイトが出来たら、テキスト、写真、ページ、色味、フォントなどを追加・変更しましょう。変更しただけでは公開されません。右上にある「更新」で公開されるので、実際に目で見ながらいろいろ試してみましょう。

いかがでしたか?

今回の授業では、時間の都合上、それぞれのウェブサイト作成までは出来ませんでしたが、AIビルダーは感覚でウェブサイトを作成することが出来るので、飲み込みの早い学生さんたちにはぴったりのツールだと思います。

今後は、ショップごとの世界観を表現するビジュアルやムービーも並行して準備しながら、10月1日~11月13日に15のオンラインショップなどのサイトをオープンさせるそうです。完成が楽しみですね!

ジンドゥーAIビルダーに関しては「ジンドゥーAIビルダーの使い方」コラムにも掲載中!

https://portal-jp.jimdo.com/howto-use/jimdo-dolphin/

取材協力:文化服装学院

https://www.bunka-fc.ac.jp/

OTHER SNAPS