LOG IN

エプソンプリンター×Canva/魅せるポスターをその場で作ってお持ち帰り!いまどきツールでポスターデザイン&印刷体験【イベントレポート】

by KDDI ウェブコミュニケーションズ 広報ブログ

広報室の前田です。

10/24(木)、エプソン主催のイベント「魅せるポスターをその場で作ってお持ち帰り!いまどきツールでポスターデザイン&印刷体験」が開催されました。今回のイベントではポスター作成ツールとして、KWCで提供する「Canva」を使っていただきました!

▲エプソンのスタッフさんがCanvaで案内ポスターを作ってくれました!

会場は、エプソンスクエア丸の内のセミナールームの2F。この壁のデザインは、エプソンのプリンターで印刷したものを貼っているそうです。なかなかの映えスポット!

(残念ながら、当日はバタバタしていてここで写真を撮り忘れてしまいました。。。)

セミナールームには、ポスターを印刷できる大判プリンター「SC-T3450」と「SC-T3150」が準備されていて、「マット紙(フチなし)」「マット紙(フチあり)」「薄手半光沢紙」の3パターンからお好みでポスターの仕上がりが選べました。

▲プリンターの周りに貼られているポスターは全て、Canvaのポスターテンプレート!

DTPオペレーターやウェブサイト制作の経験をもつKWC広報室室長の神森が講師として登壇し、Canvaの基本操作から応用テクニック、デザインのちょっとしたテクニックなどをお話しをさせていただきました!

今回のセミナーでお話しした内容は、デザイナーではない、いわゆる「ノンデザイナー」がより魅力的なデザインを作るヒントがたくさん詰まっていました。その中から、「写真の上に文字をのせる場合」のテクニックを少しだけご紹介します。

写真の上に文字を入れたはいいものの、背景の写真に負けてしまって読みづらいことはありませんか?そんな時は、写真を暗くする(Canva編集画面上で写真をタップし、調整から写真を暗くする)もしくは、文字色を濃くすることで文字が読みやすくなるそうです。

背景に写真を使う場合、どうしてもごちゃごちゃして見づらいことがありますよね。写真のトリミングが可能なら、文字の背景にすっきりした場所を持ってくるか、文字の下に背景を敷くことでぐんと読みやすくなります(Canvaでは「素材」→「図形」から四角を選んで形を整え、色や透明度を調整しています)。

このように、ちょっとしたテクニックでデザインの印象はかなり変わります。世の中には多くの情報が溢れているからこそ、「分かりやすい」「読みやすい」などの視認性が大事になってきます。

▲皆さん、真剣にポスターを制作中です

Canvaでポスターのデザインが出来上がった人から順次、エプソンの大判プリンターで印刷していきます。

実際に使用するポスターを印刷する方も多かったです!やっぱり形になって印刷されると全然違います!

こちらはカメラマンさんの個展ポスター。写真の色味もすごく綺麗に出ています!

A1ノビサイズまで印刷可能!今回使用したプリンターはこちら

SC-T3150(SC-T3150N) / SC-T3450(SC-T3450N)

ちなみに英語のポスターテンプレートはたくさんありますが、日本語のポスターテンプレートを使いたい場合は、Canvaの操作画面から「日本 ポスター」と検索してみてください。

OTHER SNAPS