LOG IN

おへそのブレ幅1センチ以内!歩き方の極意とは

by KDDI Web Communications PR
オフィスからの眺め、どんより。
オフィスからの眺め、どんより。

伊勢です!いっきに桜が咲き始め、今年もお花見の季節がきたー!と思った矢先、連日の雨でどんどん桜は散ってしまい、花見に行っても空はどんより...といういまいちすっきりしない模様の東京です。

当社では、4月3日(月)に入社式を終えました。

今回は、そんなフレッシュな様子をお届けするのではなく、どちらかというと対照的ともいえる、日頃疲れを溜め込んでいる人たちに向けてブログを更新します。新入社員の密着24時は、たぶん社内報かどこかでやる予定。勝手にやろうかなと思っているだけですけど笑。

2回目となる今回のレクチャー会では、正しい歩き方ってどんなもの?というテーマで、日頃施術でお世話になっている木津先生にお伺いしました!

前回の様子はこちら!

わるい姿勢をつくり出す日常のあれこれ...

普段、足を押し出して前へ進む歩き方をしていませんか?

前に進んでいるけど後ろ足は蹴っておらず、膝下を前に出すことで前進しいている状態です。高齢の女性によくみられるそうで、さらに足先が開いた状態で前進すると、余計後ろに蹴りづらくなってしまい、ますます悪化させる歩き方になってしまうのだそう。

若いうちは問題なくとも、日々の蓄積で少しずつ足が変形していき、将来股関節や腰、膝を痛める原因になります。

また、最近はスマートフォンを長時間眺める人が多いです。30度首を傾斜しただけで16kg、45度に傾けると、なんと27kgもの負荷が首にかかるそう。30kg近くのお米を首で支えていることを想像すると......首がもげそう。

ちょうどいま、このブログをスマートフォンやPCから読んでくださっていると思いますが、首が前に出ていませんか?

・・

・・・

・・・・

言ってる自分がそうでした(^_^;)。

私のように姿勢が悪いかも...という方はぜひ今日から実践してみてくださいね。おへそを意識するだけで正しい姿勢はつくられるみたい。

これを読んだあなたはラッキー!(きっと!笑)。

ブレ幅1センチでスピードを保って歩く!"PHW"の極意

背筋がピンとしています!
背筋がピンとしています!

根津先生が提唱するパワーハウスウォーキング、略して"PHW"は、おへその位置を意識して歩くこと。歩くときに、おへそを中心に上下左右のブレ幅が1センチにおさまるようイメージしてください。

セミナーに参加したスタッフとともに、実際に歩いてみました!


見ての通り、スピード感のある歩き方になります。片足が地面に着いたら、もう片ほうの足をすぐ前に押し出さないと、おへその位置をぶらさずに歩くことはできません。足で歩くというより、上体で歩くことを意識するイメージに近いです。PHWは自然と早歩きになり、蹴って前に進むという本来の歩き方ができるようになります。

実際に私も試したところ、「前へ進む、進む!足が勝手に出る!」という感じでした。

この日はみなさん風をきるように颯爽と歩いていきました。早歩きによって心拍数があがるのも、長寿につながってよい効果をもたらすみたい。

腰骨を伸ばし中
腰骨を伸ばし中

最後の質問タイムで、参加した女性スタッフから、ヒールを履く場合はどうしたらよいのだろうかという相談がありました。ヒールでPHWを実践すると、少しつまづきそうになるというか、どうしても指に力が加わってしまうんですよね。足への負担を考えると、ヒールでのPHWはおすすめしないとのことでした。

ヒールを履きたい日もあるので悩ましいですが、健康のために、ときには自分の足に配慮し、バランスを取って靴を選ぶのがよいのかなと思いました。

伊勢/エビ

◆◇◆お知らせ◆◇◆
KDDIウェブコミュニケーションズ採用情報更新!
中途採用
新卒採用


KDDI Web Communications PR
OTHER SNAPS