LOG IN

日頃の姿勢を見つめ直す、正しい座り姿勢を学ぶ社内レクチャー会

by KDDI Web Communications PR

仕事の合間にさくっとマッサージを受けて、何事もなかったかのようにデスクに戻り仕事を再開する。この無駄のないリフレッシュが、とても便利でありがたいなあと実感しています。エビこと、伊勢です。

オフィスにリラックススペースを導入して以降、順調に、むしろフル稼働で運用しています。
先日は、タレントの内山信二さんもマッサージを体験していきました。

すっぽり顔が埋まっています
すっぽり顔が埋まっています

キーマンズネットさんで連載中の内山信二さんのオフィス訪問記はこちら!ログインしないと見られないですが、おもしろおかしくオフィスをいじってもらっているので、どうぞご覧ください〜。

内山くん

前編だよ!

内山くん

後編だよ!

オフィスにマッサージはとてもいい。

オフィスの片隅に、整体師さんの施術を受けたり、マッサージ機を自由に使えたりするスペースがあります。業務の合間にさくっとリフレッシュできるのですが、これが思っていた以上に最高です。

長時間座りがちなエンジニアやサービスサポートなど、スタッフの誰もが利用でき、休憩を取り入れながら効率よく業務に専念してもらえるようにという思いで設けています。マッサージ屋さんに通うよりお得だし、なにより空いていたら利用できるという利便性から、常に予約はいっぱい。


痛そう......!
痛そう......!

マッサージは、週に2回デスクワーカーケアセンターの先生が来てくださいます。これまた先生の腕がこの上なくいい。サラリーマンの疲労困憊具合をわかっていて、的確な処置を施してくれます。テレビ画面では常に明るく、よく食べ、お茶の間を賑わしている内山信二さんですが、この日は先生がちょっと押しただけで悲鳴をあげていました。そんな痛がっている姿もついつい笑ってしまったのですが(ごめんなさい!笑)。

日頃の座り姿勢を根本から見つめ直す、社内レクチャー会

週2回の施術に加え、先日は、KIZUカイロプラクティックの代表院長 木津先生をお呼びし、座り姿勢の原則セミナーをおこないました。自由参加でしたが、何か始まりだしたぞと続々と人が集まってきました。今回は、そのセミナーを一部ご紹介します。

そもそも座っているだけなのに、なぜ不調になるの?

急激に心拍数が上がる動きはしていないし、楽だと感じる姿勢で座っているだけなのに、なぜ肩こりや腰痛などが出てしまうのか。木津先生によると、座り姿勢は背骨のカーブバランスを保ちづらく、軸がぶれやすいのだそう。それが猫背や反り腰、デスクに肘を乗せるスフィンクスという姿勢で軸を安定させようとする結果、さらに身体の歪みを引き起こしてしまう人が多いそうです。

首の痛みを感じず真上を見上げられますか?
首の痛みを感じず真上を見上げられますか?

今回のマッサージ導入にあたり、スタッフへ事前に健康アンケートを実施したところ、一日で座っている時間が平均12-3時間、最大では16時間に及ぶ人もいました(通勤移動や自宅も含む)。また、不調を感じる部位別では、肩こりが75%と最も多く、次いで首こりが65%、腰痛が42%、そして背中の痛み、むくみと続き、いずれもデスクワーク時に起こりやすいという結果でした。

特に当社の場合、頭痛や肩こり、首の痛みなどを引き起こす原因となるストレートネック(本来あるはずの首の傾斜が弱い状態)や腕のしびれ、また普通は男性に多い猫背が女性も同様に多かったようで、座り姿勢がさまざまな形で身体の症状に表れていました。

座り姿勢の原則セミナー
座り姿勢の原則セミナー

こうした状況を改善するために、フリースペースやリラックススペース、場所にとらわれないテレワークなど、オフィスや働き方の改革をおこなってきましたが、今回はオフィスだけでなく、一人ひとりが自分の日頃の姿勢に目を向けるよいきっかけになったのではと思います。

ふと自分の小さい頃を思い出してみると、ご飯を食べる前にいただきますをするとか、ご飯を食べたら歯を磨くとか、寝る前にお風呂で温まるとか、なんとなく教わったはずなのに、いつのまにか挨拶がなくなっていたり、コンビニでご飯を済ませていたり、朝シャワーで済ませていたり...。正しい姿勢も頭ではわかっているはずなのに、気づけばいつものだらけた格好になっているんですよね。

今後仕事を超えて、おばあちゃんになっても元気に暮らしていくために、日々の生活を見直していきたいなと感じました!

後半は自然と背筋が伸びていました。
後半は自然と背筋が伸びていました。

次回のレクチャー会もどんなテーマで行われるか楽しみです!


KDDI Web Communications PR
OTHER SNAPS